menu
仏事について
仏事について
水子供養
水子供養

当山では水子供養をしております。

水子(みずこ)は、人工妊娠中絶や流産、死産により死亡した胎児のことです。

昔の日本では七歳までに亡くなった子どもは、もう一度生まれ変わってこの世で寿命を全うしてほしいとの願いや一人前の人間としてみなさないとの理由から、死者を浄土に送る仏教式の葬儀は行なわれなかったといいます。現在でも、水子の葬儀はおこなわれません。

しかし、もう一度生まれ変わってこの世で寿命を全うしてほしいという願いをこめて供養いたしましょう。たとえ、生まれてこずとも母親のお腹に宿った命は尊く、無限の可能性を秘めています。
この子が生まれていたらどんな人生を送ったのかと考えるとその悲しみや切なさは大変深いものがあります。また、水子は親に先立つ親不孝によって浄土に行けないとも、賽のの河原で迷っているとも言われていますが、地蔵菩薩によって救われると説かれております。

昔から、死んだ胎児に宿る霊魂である水子霊が祟りや霊障を引き起こすといわれていました ことのほか水子のたたりを気にされる方がいますが、仏教ではそのようなことを説くことはありません。

たたりなどを怖れるのではなく、この世で生を全うすることができなかった我が子に対して、申し訳ないという懺悔や浄土で幸せに過ごして欲しいという願いを持って供養をすることが仏教的と言えます。
そして、水子供養を通じて、命の尊さを学ぶことが大切です。


1.供養方法

法儀に則り、水子供養作法を修し、読経いたします、また、供養のしるしとしてお塔婆を建立いたします。

2.お布施

皆様には1万円以上納めていただいております。

3.供養のしるしとして施主様に塔婆をあげていただきます。

塔婆代 3千円(水子供養の塔婆の場合)

4.ご用意するもの

お供え物は特に決まりはございませんが、お子様の好きそうなお菓子や果物などを お持ちください。

※服装は特に喪服でなくてもかまいませんが、本堂にてご回向いたしますので、ご配慮の上、ご参拝下さい。
※当日、お越しにならない場合でもご供養はいたします。
その場合、供養料は納めていただくことになりますのであらかじめご了承ください。



▲ PageTop