menu
仏事について
仏事について
法事・年回忌法要
法事・年回忌法要

法 事

参列の方々にお心を清め、本尊さまの御前に仏様となられた故人をお迎えし、あらためて言葉をかわされ、供養を施すものでございます。
ご廻向とは、供養することによって、その功徳が廻り廻って自分に向けられます。
その向けられた功徳を回りに振り向けることが本当の意味です。

年回忌法要

初7日忌~5・7日忌(35日)、7・7日忌(49日)、100ヶ日忌、1周忌、第3回忌、7回忌、13回忌、23回忌、50回忌・・・と年回忌ごとに追善供養します。
お亡くなりになってからはご遺族中心に7日ごとにご供養していきます。
尽7日の49日には霊位が彼岸に往詣しますので、49日忌法要後納骨供養いたします。
生きていても、亡くなられても、魂の縁は続いていくのです。

※年回法要の布施は3万円から7万円となります。
※なお、塔婆代は1本5千円となります。
施主様以外に建立ご希望の方は事前にお申し出ください。

お盆

お盆にご先祖様をご自宅にお招きし、旬の食べ物、お花をお供えし、おもてなしいたします。

お彼岸

1年に2回、春と秋、太陽が真東から上り真西に沈むころ、彼岸(仏様の浄土)が此岸(我々の住む世界)に近づき、より近くに仏様を感じることができる時期です。

お塔婆について

塔婆の起源はインドのお釈迦様が亡くなられたとき、ご遺骨を安置した塔を仏舎利塔といい、それを形どったものがお塔婆です。
5つの部分に分かれており、地、水、火、風、空と宇宙の五源を表しております。
お塔婆はいつ、だれが、どなたに建立してもいい、とされております。

ご質問を常時受け付けております。
メールアドレス benmou@tenmyoji.jp
お電話 027-252-1313(天明寺)



▲ PageTop