menu
天明寺について
天明寺について
天明寺概要
天明寺概要
当寺は江戸中期の天明年間〔1781~1788〕に開創されたことにより天明寺と名づけられたと伝えられておりますが、実際には歴代住職の墓誌に「恵弁 貞享三丙寅天三月廿三日」とあります。このことから推測すると貞享三年〔1688〕には小さな庵を掬んでひっそりと仏道を歩んでいたのかもしれません。

詳しいことはわかりませんが、現在、境内に残されている歴代住職の墓地は十一基ほどあります。

この中に「神通山隠居探隆」とあり、この「探隆」師は文化十三年〔1816〕吉井の延命院より碓氷郡八幡村〔現 高崎市八幡町〕大聖護国寺第三十八世住職に晋み、その後、文政五年〔1822〕に当寺に隠棲し、天保七年十一月廿九日に逝去しております。
このころは寺門は栄え、文殊堂が建立されたのは「天保卯年二月日」とあります。

そもそも大聖護国寺は京都の醍醐寺三宝院を本山とし、上野国南西部を中心に五十五ヶ寺ほど末寺を持つ地方本寺であり、東京音羽にある護国寺の前身でもあります。
当寺はその大聖護国寺の末寺として真言宗の法統を受け継いでおります。

また、当寺は明治23年には群馬郡中央部唯一の尋常高等小学校が開校されております。清里、桃井、明治、駒寄、総社、元総社などの広い範囲から通学していたようですが、明治36年には清里小学校に高等科が併設され、それに伴い、廃校となりました。

現在は奈良県桜井市にあります長谷寺を総本山に真言宗豊山派に所属しており、ご本尊は「不動明王(ふどうみょうおう)」、正式名称は「太子山(たいしさん)神通院(じんつういん)天明寺(てんみょうじ)」と申します。
当時の天明寺 寺景(平成16年10月21日撮影)
当時の天明寺 寺景(平成16年10月21日撮影)

宗派
宗派
真言密教(しんごんみっきょう)の歴史は、大乗仏教(だいじょうぶっきょう)を大成する形で7世紀ごろのインドで始まり、やがて中国に伝えられます。そして延暦23年(804)に弘法大師(こうぼうだいし)が長安(現在の西安)にわたって、恵果阿闍梨(けいかあじゃり)から真言密教(しんごんみっきょう)の教えを授(さず)かり、日本へと伝えられました。

弘法大師(こうぼうだいし)によって開宗(かいしゅう)された真言宗(しんごんしゅう)は、東寺(とうじ)や高野山(こうやさん)を中心に広められます。

平安の末期に興教大師(こうぎょうだいし)によってさらに新しい力が吹き込まれると、根来寺(ねごろじ)が創建されました。

鎌倉時代になり、頼瑜僧正(らいゆそうじょう)によって新義真言宗(しんぎしんごんしゅう)が成立し、根来寺を中心に栄えましたが、戦国時代の戦渦により、専誉僧正(せんよそうじょう)はじめ多くの僧侶が根来寺を離れることになりました。

その後、豊臣秀長公に招かれた専誉僧正は、奈良の長谷寺(はせでら)で、豊山派(ぶざんは)を興(おこ)します。

派名は長谷寺の山号(さんごう)「豊山(ぶざん)」に由来します。
江戸時代、五代将軍徳川綱吉(とくがわつなよし)公の生母である桂昌院(けいしょういん)が護国寺(ごこくじ)を建立し、護国寺は豊山派の江戸の拠点(きょてん)として末寺(まつじ)を増やしました。

現在は、全国に3,000カ寺、僧侶数5,000人、檀信徒数200万人の宗団となっています。

本尊
本尊
天明寺のご本尊は不動明王です。 鮮やかな塗りの木造です。
天明寺のご本尊は不動明王です。 鮮やかな塗りの木造です。

お経
お経
インド・中国・日本と三国を経て日本で弘まった経典は大蔵経典として現在でも多数各宗派で読誦されています。
大蔵経典は経・律・論の三蔵を包含するものでこの三蔵に精通していた僧侶に中国では三蔵法師という称号があたえられていました。
西遊記で有名な三蔵法師とは中国からインドへと大乗の教えを求め困難な旅を重ねた玄奘法師がモデルになっています。

真言宗所依の経典
  1. 大毘廬遮那神変加持経(略して大日経という)
  2. 金剛頂経
真言宗で読誦される経
  1. 般若理趣経
  2. 般若心経
  3. 妙法蓮華経(壽量品第十六、普門品第二十五)
  4. 涅槃経
  5. その他の大乗経典
真言・陀羅尼・呪
  1. 光明真言
  2. 三陀羅尼(佛頂尊勝陀羅尼、一切如来心秘密全身舎利寶筺印陀羅尼、阿弥陀如来根本陀羅尼)
  3. 諸真言、呪(大日如来を中心とした曼荼羅諸尊の各真言や呪)
ご宝号
  1. 南無大師遍照金剛(真言宗祖弘法大師空海上人に対する宝号として日々お唱えいたします。)
  2. 南無興教大師(中興の祖覚鑁上人)
  3. 南無専誉僧正(派祖専誉僧正)
  4. ほか、真言宗のお祖師さまに対してお唱えいたします。
お経

▲ PageTop